受験情報

集団塾の3つのデメリット!中学受験を成功させる補習塾の使い方

2017年5月20日

集団塾の3つのデメリット!中学受験を成功させる補習塾の使い方

塾には大きく分けて『集団指導塾』と『個別指導塾』が存在します。

いわゆる中学受験ではサピックス、日能研のような大手の集団指導塾に通われている方が多いと思いますが、お母様はそのメリットを存分に使いこなせていますか?

よく保護者の方に

  • とりあえず大手に通って入れば大丈夫
  • 学年と精神年齢が上がれば自然と成績は伸びる
  • 最初から成績が良かったんだからいつか持ち直すはず
  • 進路相談はしてるからとりあえず安心

という話を聞きますが、塾に入るだけで成績は上がりません

"大手から自然と情報が貰える" なんて勘違いはしていませんか?

今回は大手集団塾の補習塾として、中学受験のご家庭の進路指導指導してきた教室長が、集団指導塾のメリットと活用法、注意点について紹介していこうと思います!

提供される進学情報が豊富

受験を成功させるには、お母様方にも必要なことがあるのはご存知ですか?
それは、志望校の進学情報です。

簡単に挙げても

  • どんな学校があるのか
  • なぜその学校が人気なのか
  • 受験スケジュールはどうしたらいいのか
  • わが子が狙っている学校に入学するには、どの程度の成績が必要か

など、自分でただ知るには限界のあることがたくさんあります。

大手の中学受験塾では、そういった知識を提供してくれる保護者会が実施されます。
塾にもよりますが、各学校の分析情報や進学情報資料も充実したところが多いですね。

デメリット

逆に、提供される情報以外のことには盲目になりがちです。
与えられ続けていると「これだけあれば充分なんだな」と錯覚してしまうわけですね。

例えば

  • 受験の科目数はどう設定したらいいか
  • 英語の必修化の影響で受験に英語が必要になつのはいつからか
  • 学校の内申書はどう出してもらったらいいか
  • 親子の面接の対策(服装や話す内容)

などといった、大勢を相手にする保護者会では教えてもらいないことが実はたくさんあります

志望校対策の解決方法

重要なのは【たくさんのところから情報を仕入れること】です。

ママ友は基本的にライバルなので、有利になるような情報は教えてもらえません
大手塾でも、個人に時間をとってくれることは稀です。

なのでここは、学習相談をしてくれる大手個別指導塾、家庭教師センターを利用することがベストです。
入塾する必要はありません。

無駄のないカリキュラム

大手中学受験塾の最も大きい特は、長年の蓄積から設計された完全無欠のカリキュラムの存在です。

大手中学受験塾は生徒一人一人にではなく、入試から逆算して作られたカリキュラムに合わせて指導していきます。

そのため授業の内容は少し難しいですが、授業についていくことができれば学力を大きく伸ばすことができるわけです。

デメリット

そのカリキュラムこそが子どもにとっての負担になりかねない場合があります。

単純な話ですが、授業についていくことができなくなってしまえばそのまま成績降下のスパイラルにはまってしまい、クラスもグングン落ちていきます。

どうしてもカリキュラムに則って進行していくので、ご家庭でスケジュール調整などできなければ入試本番前につぶれてしまうことが多々あります。

成績アップの解決方法

解決の手段として、【苦手な・未習熟な単元】をピンポイントに学習することが求められます。
『全体の底上げ』ではなく、『欠けている個所の修繕』ですね。

成績が落ちているお子さんには、まず成功体験が必要です。
模試の成績表から【正解できていない単元】を洗いだいして、集中強化していきましょう

家庭教師を毎月付けるのではなく、模試前やクラスアップテストの前にピンポイントに授業を入れるといいでしょう。

そんな要望を叶えてくれて確実に成績アップをしてくれるのでおススメなのは【家庭教師のノーバス】です。


規模では最大手には及びませんが、スポット利用をするのに一番適しているのはこちらです。
『〇〇~〇〇まで』と指定した期間と特定の日程で授業を実地してくれるので、無駄がありません。

さらに講師育成の研修システムがしっかりしているので、いわゆるハズレ講師を引くことはまずありません。
当然、相性が悪ければ交代可能です。

[nohvas]

圧倒的な講師の指導力

成績を上げるには、講師の指導力が不可欠です。
大手中学受験塾では、講師の力量が比較的高めです。

それもそのはず。
リクナビなどの転職サイトを見てもわかるように、大手集団塾の講師採用には、模擬授業の審査が必ずあるのです。

模擬授業の審査があるということは、当然講師応募者の採用試験通過率が低くなります。
つまり、成績を上げる授業を行うことができる講師の割合が多くなるわけです。

デメリット

それらのいわゆる【有名塾講師】は、大手中学受験塾のトップクラスを受け持っていることが大半です。
合格実績をつくるために塾としては当たり前の処置なわけですが、つまり有名講師の指導を受けるためには上のクラスに行くしかないわけです。

現実として、下のクラスの場合、どうしても指導力不足や経験の浅い講師に当たってしまうわけです。

クラスアップの解決方法

そうなれば成績を上げるしかないわけですが、そのためには【その塾に対応できる確かなノウハウ】がなければなりません。

家庭教師をつけたとしても、学生の講師では意味がありません。
そういった【大手中学受験塾対策】という意味でも、【採用基準の高さ】という意味でもダントツのNo1の塾をおススメしたいのは、中学受験ドクターという塾です。

いわゆるSAPIX、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚といった『中学受験大手塾の講師のみを集めた塾になります。

クラスが上がらないと受けられない有名講師の指導を、一対一の付きっ切りの形でみてもらうことが可能です。
補習メインの塾ということもあり、ここ数年で実績を伸ばしています。

家庭教師、無料の学習相談にも対応しているので、どちらも資料請求してもいいそうです。
中学受験をするのであれば、ここは絶対に損をしません。

[doctor]

まとめ

いかがでしたでしょうか?

集団指導塾に通う上で一番の注意点は、授業を欠席するなどしてカリキュラムに遅れてしまった場合です。

進んでしまったカリキュラムに追いつくのは相当難しいです。

ご家庭から頼まなくても、手厚くフォローしてくれる【校舎】はありますが、そんな塾ばかりではないので、志望校に合格するためにはまずお母様が積極的に情報収集やスケジュールの管理などをすることから始めましょう。

-受験情報

Copyright© 親子で大逆転!中学受験合格の秘密は補習塾選び。 , 2021 All Rights Reserved.